株式会社吉田商店/大森本場乾海苔問屋/大田区/海苔/お歳暮/お中元/ギフト/通信販売/桑名/焼海苔/大森海苔/手土産/手みやげ/お取り寄せ

 

海苔屋の「ひとり言」

 

この頃思う事…

この頃思う事…
フォーム
 
アラン・ウエスト画伯!
2014-03-31
『花』焼海苔をコラボレーションしてくださった、アラン・ウエスト画伯と久しぶりにお会いする機会がありました。
とてもお元気そうでした。
 
春の桜を描いたアランさんの作品の掛け軸の前でパチリ~!
 
 
 
 
新海苔 入札会!
2013-12-02
師走となり今年も残すところ僅かとなりました。

いよいよ海苔のシーズン到来です!
愛知県漁協では県知事をお迎えして今シーズン初の入札会が開催されました。

ここで、素晴らしい海苔を落札し手に入れました。
皆様お楽しみに!


 
2020東京オリンピック!
2013-09-08
2020東京オリンピック開催が決まりましたね。

学生時代は一人のアスリートとして、真剣にオリンピック出場を目指してスポーツに打ち込んでいた事を考えると、東京でオリンピックが開催される事はまるで夢のようで心から嬉しく思います!

日本のスポーツと経済の発展はもとより、未来へ向けて皆が夢と希望を持つひとつのきっかけになる事を期待します。


 
暑い夏!
2013-08-13
毎日、異常なほどの暑さが続きますね。
日本ってこんなに暑かったかな?最近の日本の気候はどうなっているのだろうかと心配になってしまう。

海苔屋の習性なのか、この暑さの中、海苔の採れる冬の気候はどうなるのだろうか?秋から海水温はちゃんと下がるかな?と考えてしまう。
夏に暑い日の続く年は冬がしっかりと冷え込むと言う。
しっかりと海水温が下がった海からは、美味しい海苔が採れる!

今年も美味しい海苔が採れますように(^^♪

 
伊勢桑名産の海苔
2012-12-17
本年もいよいよ本格的な海苔のシーズンがやってきて、各地で美味しい海苔が取れ始まった。

しかしながら、先日の三重県の今シーズン初の入札会には、伊勢桑名産の海苔の出品はなかった。
桑名付近の海水温が下がらず、海苔の芽が網に着かない。昨年の初回と同じ現象だ。
これでは木曽三川の栄養豊富な水が流れてきても意味がない。

原因は漁場から程近い火力発電所だという。
3.11東日本大震災のあと、原子力発電所の替わりにここの火力発電所がフル稼働され、その冷却水が湾内に排出されているため、真冬の今になっても海水温が下がらないとの事。
地球温暖化により年々水揚げ時期が遅くなっているのに、それに輪をかけているようだ。
こんな所にも震災の影響が出ている。

海苔の養殖は自然環境に大きく左右されるのは当然だが、はたしてこれは自然環境の変化と言えるのだろうか?

<<株式会社吉田商店>> 〒143-0013 東京都大田区大森南4-8-8 TEL:03-3744-0215 FAX:03-3744-0600