株式会社吉田商店/大森本場乾海苔問屋/大田区/海苔/お歳暮/お中元/ギフト/通信販売/桑名/焼海苔/大森海苔/手土産/手みやげ/お取り寄せ

 

海苔屋の「ひとり言」

 

この頃思う事…

この頃思う事…
フォーム
 
お待たせいたしました!
2010-01-18
伊勢桑名の漁場では、水温も下がり、海水の栄養分も豊富になり、美味しい海苔がやっと採れました。
今回の現地入札で最高級ランクのものをたくさん落札してきました。
待った甲斐があり、味、香りともに素晴らしい出来です。
極上焼海苔としてこれから順次焼いて出荷していきますので、楽しみにしていてください!


 
今年もお世話になりました
2009-12-30
今年もあっという間の一年でした。
来年もまた宜しくご贔屓のほどお願い申し上げます。

 
機械もの
2009-12-25
海苔の入札中に入札会場の機械が壊れた。
現在は手元の端末に金額を入力すれば即座に落札者が決まるシステムだが、入札の最中に機会が動かなくなった。
こんなの初めてだ。
仕方がないから、昔のように一口ずつ各問屋が紙に入札金額を書いて、そのつど手計算で集計する方法しかないと皆が諦めて、その昔使っていた入札用紙を出してきたら、突然システムが直った。

文明の利器のありがたみと気まぐれさを同時に思い知らされた事件だった。
 

 
海は生きている
2009-12-15

今年の伊勢の海は素晴らしい条件で、直前のサンプルはとても良い海苔だった。初回から絶対に美味しい海苔が採れると思っていたのに・・・いざ揚げてみると初汐の海苔はあまりパッとしない。
冬になってからの水温の下がり方が遅いからだろうか。
海は生きていて、毎日状況が変わるのは解っているが、悔しい。
でも、これだけは人間の力ではどうしようもない。
自然の恵みをいただいている以上これは避けられないことなのだ。
今シーズンはあと8回収穫の予定、次汐に期待しよう!
 
 

 
宝物
2009-11-16
当代が、国際的アニメ・クリエーターの久里洋二先生にお会いする機会があり、吉田商店の海苔を差し上げた。
数日後、先生から「美味しい海苔をありがとう」と言って、素敵なプレゼントが届いた。
「吉田の海苔」の前掛けをして「海苔」を持つ海の女神様(!?)の絵が描かれた大きなエコバッグ。世界でひとつだけのバッグ。
まだ絵の具も乾いていない出来立てのホヤホヤ!

先生の絵から湧き出る、あのなんとも言えないほのぼのとした優しさは、実は先生ご自身のお人柄だったのですね。
本当にありがとうございました。


<<株式会社吉田商店>> 〒143-0013 東京都大田区大森南4-8-8 TEL:03-3744-0215 FAX:03-3744-0600