株式会社吉田商店/大森本場乾海苔問屋/大田区/海苔/お歳暮/お中元/ギフト/通信販売/桑名/焼海苔/大森海苔/手土産/手みやげ/お取り寄せ

 

浮世絵『大森朝乃海』

 

浮世絵『大森朝乃海』

浮世絵『大森朝乃海』
   
「大森朝乃海」 (おおもりあさのうみ)
小林清親 
(きよちか)  
1847~1915(弘化4年~大正4年)  
明治13年作

最後の浮世絵師。 江戸浅草の生まれ。
「光線画」と呼ばれる、光と影、大気の織りなす変化を巧みに表現した版画を生み出す。
この作品は、明治初期、「吉田商店」創業当時の大森の海苔採りの様子を描いたもの。
明け方の詩情に満ちた淡い色調の光を、ぼかしと色摺りを丹念に重ね、それまでの
浮世絵版画にはなかった繊細さで「光」をとらえてみせた。
北斎や広重の江戸名所絵の系譜を受け継ぎながらも、変貌していく開化期の
消えゆく江戸風情を新しい技法で情感豊かに見事に表現している。
近代版画の先駆として、数百年にわたる日本版画史上に重要な足跡を残した作品。

                             吉田商店
<<株式会社吉田商店>> 〒143-0013 東京都大田区大森南4-8-8 TEL:03-3744-0215 FAX:03-3744-0600